Laboratory of Biomolecular Science, Faculty of Pharmaceutical Science. Hokkaido University

蛋白質を”見て”、”理解し”、”創薬へ”と展開します。

HIV-2蛋白質構造に基づいた薬剤・ワクチン開発


BINDSにおける新型コロナウイルスに関する取り組み

CryoEM Network

News | 生体分子機能学研究室からのおしらせ

2021.10.26 本研究室が国立感染研究所と共同研究を進めたスーパー中和抗体について日経サイエンス2021年12月号に掲載されました
2021.10.21 【11月25日】令和3年度BINDS公開シンポジウム開催のお知らせ(演者:前仲 勝実 先生)
2021.10.21 NHKワールド放映のお知らせ
2021.09.14 「新型コロナウイルス変異株やSARSウイルスに有効な新規抗体の作出に成功,新規抗体医薬品の開発に期待(薬学研究院 教授 前仲勝実)」について、プレスリリースいたしました
2021.09.14 「新型コロナウイルスの増殖を抑える核酸代謝拮抗薬の発見~コロナウイルスやフラビウイルス等,広域的抗ウイルス薬としての期待~(薬学研究院 教授 前仲勝実)」のプレスリリースを行いました
2021.09.02 【10月19日】AMED/BINDSセミナー開催のお知らせ(演者:前仲 勝実 先生)
2021.06.03 変異ウイルスに有効な革新的抗体医薬の開発
2021.05.17 感染研・竹田誠先生、京大・橋口隆生先生、宮崎大・片岡寛章先生の グループとの共同研究がJ. Virolに掲載されました
2021.05.17 クライオ電子顕微鏡の記事が北海道新聞に載りました
2021.04.23 前仲先生と福原先生が出席した北大第一回定例記者会見の様子が北大テレビ北海道(TVH)のニュース番組で取り上げられました

Candidates of PhD students are welcome!!
Please contact us.

Contact Us

生体分子機能学研究室
Faculty of Pharmaceutical Sciences, Hokkaido University

Kita-12, Nishi-6, Kita-ku, Sapporo 060-0812, Japan.
Tel : +81(0)11-706-3764
Fax : +81(0)11-706-4986

facebook

HIV感染時の宿主免疫応答を制御するワクチン開発に向けた国際研究ネットワーク形成

ICSG2013

PXUG